メールお問い合わせ

■体脂肪を落とす効果的な方法や体脂肪を減らす食事の摂り方。体脂肪に関する正しい知識をつけて健康的なダイエットをしましょう。上手に減量してスリムでキレイなボディラインを取り戻しましょう。

PR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
体脂肪とは、医学的に言うと人間の体内にある
脂質の総称です。中性脂肪遊離脂肪酸
コレステロールリン脂質などが代表的な
体脂肪です。

中性脂肪はトリグリセリドとも呼ばれ、脂肪細胞の
中に貯えられています。中性脂肪は、エネルギーを
体内に貯蔵するためのカタチであり、皮下脂肪の殆どが
中性脂肪です。中性脂肪は、食事の食べ過ぎで余った
糖質を材料に肝臓で作られています。また、アルコールも
中性脂肪のもとになります。中性脂肪は必要に応じて
分解されて遊離脂肪酸となって、血液と一緒に全身に
送り込まれて、エネルギーとして使われます。
脂肪細胞についてはコチラ

中性脂肪は3つの遊離脂肪酸とグリセロールという物質が
結びついて構成されており「貯蔵用エネルギー」です。
そして、遊離脂肪酸はすぐに利用できる「即効エネルギー」
という言い方が分かりやすいでしょうか。

コレステロールは細胞膜、胆汁酸、各種ホルモン
などの原料になります。健康な身体を維持するにはなくては
ならないものですが、多すぎると様々な病気の原因となる
恐れがあります。
コレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDL)の2種類があり、
悪玉(LDL)は食事などから体内に入ると、血液と一緒に全身の
細胞に運ばれて細胞膜やホルモンの合成に利用されます。
ところが、血液中の悪玉(LDL)が増えすぎると血管の壁が
傷ついたところにくっついてしまい動脈硬化の原因と
なってしまいます。一方、善玉(HDL)は血管内に付着した
LDLを取り払って、肝臓まで運ぶ役割があります。
善玉(HDL)コレステロールを増やす方法

リン脂質は身体の細胞膜を構成している成分の総称で、
細胞膜を正常に保つという役割を担っています。
2013.07.12 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。